April
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Rain
Tokyo

Home > Match Information > 成松大介が準決勝敗退、五輪出場は2日に持ち越し

成松大介が準決勝敗退、五輪出場は2日に持ち越し

2016年3月31日 22時40分

 中国の遷安で開催されているリオデジャネイロ五輪アジア・オセアニア予選は31日、各階級の準決勝が行われ、男子ライト級の成松大介(自体校)は2014年アジア大会優勝のオトゴンダライ・ドルジニャンブ(モンゴル)に0-3判定で敗れ、五輪出場枠を獲得することができなかった。五輪出場件は今大会の3位以内に与えられ、成松は2日に行われる3位決定戦で中国選手と対戦する。他の日本勢は男女ともにすでに敗退している。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了