March
02
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 亀海喜寛vsソト・カラス、リング誌年間最高試合候補

亀海喜寛vsソト・カラス、リング誌年間最高試合候補

2017年1月16日 12時50分

  米老舗ボクシング雑誌「リング」は電子版で2016年の年間最高試合候補を発表。選ばれた5試合の中に、4月にロサンゼルスで行われた亀海喜寛(帝拳)とヘスス・ソトカラス(米)の一戦もピックアップされた。この試合は全米記者協会が選出する年間最高試合の候補にもなっている。

激戦を演じる亀海とソト・カラス=写真:GBP

 両者は4月、ロサンゼルスのベラスコ・シアターでS・ウェルター級10回戦を行い、スタートからハイペースの打ち合いを演じて、結果は三者三様のドロー。9月の再戦では亀海が8回終了TKO勝ちを収めたが、候補に挙がったのは4月の試合となる。

 ほかの候補は、ジェイミー・コンランがアンソニー・ネルソンを8回KOで下した英国S・フライ級タイトル戦、フランシスコ・バルガス(メキシコ)とオルランド・サリド(メキシコ)が引き分けたWBC世界S・フェザー級戦、ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)がカルロス・クアドラス(メキシコ)を下して4階級制覇を達成したWBC世界S・フライ級戦、ディリアン・ホワイト(英)がデレク・チゾラ(英)に競り勝ったヘビー級戦。

 ラインアップを見る限り、試合の格よりも試合内容そのものを評価した選考になっているようだ。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了