February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 9.3初防衛戦の久保隼、身長&リーチで大きくリード

9.3初防衛戦の久保隼、身長&リーチで大きくリード

2017年8月31日 20時12分

 WBA世界S・バンタム級タイトルマッチ(9月3日・島津アリーナ京都)で対戦する王者、久保隼(27=真正)と挑戦者2位のダニエル・ローマン(27=米国)が31日、神戸市の真正ジムで予備検診を受けた。身長176センチの久保に対して、ローマンは166センチ、リーチは久保が181センチ、ローマンが171センチで、身長、リーチとも久保が大きく上回った。

両選手とも笑顔が絶えなかった予備検診

 久保はこの日がローマンと初対面。「ぱっと見たとき、聞いていた通りの体形でなかなかのナイスガイという感じがしました」と敵意より親しみを持ったような発言。ローマンも「チャンピオンは真面目そうな背が高いナイスガイだ」と2人は笑顔で握手した。

ともに相手の印象は「ナイスガイ」

 久保は「ボクシングに対する思いが僕と似ているようで、試合をしなければ仲良くなれると思う」と試合前のピリピリムードはまったくなかった。

 検診結果で身長、リーチとも10センチの優位について久保は「何も考えていない。チャンスは増えるかもしれないが、それで勝てることはない。今後のために成長する試合にしたい」と初防衛に向けて冷静なコメント。

 世界初挑戦のローマンは「背の高い選手と戦ったことはあるし、サウスポーは地元ロサンゼルスでスパーリングを積んできたので問題ない。元々左利きだが、右構えに変えた。だからパンチは右も左も自信がある」と語り、ニックネーム「ベビーフェイスアサシン」(童顔の暗殺者)の本領をリングで見せつける気構えをみせた。主な検診結果は次の通り。

     久保   ローマン
身 長  176cm  166cm
頚 周  34.5cm  37cm
胸 囲  87cm   89cm
リーチ  181cm  171cm

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了