February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > マキャスキルはブレークフスを返り討ち 女子ウェルター級4冠統一戦

マキャスキルはブレークフスを返り討ち 女子ウェルター級4冠統一戦

2021年3月14日 16時12分

 エストラーダvs.ロマゴン戦のセミ格でゴングが鳴った女子ウェルター級4冠統一戦はジェシカ・マキャスキル(米)がセシリア・ブレークフス(ノルウェー)に10回3-0判定勝ち。昨年8月の第1戦で獲得したWBC・WBO・IBF・WBA統一王座の初防衛に成功した。

今度は完勝したマキャスキル(左)

“比類なき”女王に就いたマキャスキルが初回から右のボラード(スウィング系のパンチ)を放って攻勢。これが断続的に決まってマキャスキルがリードを広げる。この一戦に備えて米カリフォルニア州のビッグベアでアベル・サンチェス・トレーナーのもと調整したブレークフスだが、相手の気迫と突進力に押され見せ場がつくれない。

 ようやく6回、左を巧打したブレークフスだが、続く7回、ホールディングの反則で減点1。後半、スタミナが衰えないマキャスキルが再びを攻め立て押し切った。スコアカードは100-89、99-90,98-91でマキャスキルの勝ち。

 マキャスキルは10勝3KO2敗。初戦の微妙な判定勝利に完全決着をつけた。今後はナチュラルウエートのS・ライト級へ戻る可能性がある。前回26度目の防衛に失敗した39歳、女子初の4団体統一王者ブレークフスは連敗となった。36勝9KO2敗。Photo by Ed Mulholland, Matchroom Boxing

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了