February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > “カウボーイ”ナバレッテKO防衛なるか WBOフェザー級戦あすゴング

“カウボーイ”ナバレッテKO防衛なるか WBOフェザー級戦あすゴング

2021年10月15日 12時26分

 WBOフェザー級タイトルマッチ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)vs.挑戦者1位ジョエト・ゴンサレス(米)の計量が14日行われ、ナバレッテは125.8ポンド(57.06キロ)、ゴンサレスは125.4(56.88キロ)をマーク。リミットの126ポンドに合格した。試合は明日15日(日本時間16日)米カリフォルニア州サンディエゴのペチャンガ・アリーナで挙行される。

ナバレッテ(左)の防衛か、ゴンサレスの下克上か

 ナバレッテ(26)はWBO・S・バンタム級王者時代、9ヵ月で5度防衛、すべてストップ勝ちの快進撃。王座返上後、昨年10月、決定戦でWBOフェザー級王座に就き、明日が2度目の防衛戦になる。“バケロ”(カウボーイ)のニックネームで呼ばれ、戦績は34勝29KO1敗。

 ゴンサレス(28)はデビュー後23連勝し、19年10月にシャクール・スティーブンソン(米)とオスカル・バルデスが返上した王座を争い大差の判定負け。父がトレーナーで弟や妹もボクサーというボクシング一家の生まれで明日が2度目の世界アタックとなる。戦績は24勝14KO1敗。

 オッズは4-1でナバレッテ有利と出ている。

 同じリングでは地元サンディエゴの無敗のウェルター級ジオバニ・サンティジャン(米=27勝15KO無敗)がアンヘル・ルイス(米)と10回戦。またトップランクと契約したラテン系の大型ヘビー級アントニオ・ミレレス(米)がデビュー戦を行う。Photo by Mikey Williams / TopRank

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了