March
02
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

7°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 激闘! ブラッドリー僅差の判定勝ち

激闘! ブラッドリー僅差の判定勝ち

2013年3月17日 14時49分

 
辛勝したブラッドリー

ロサンゼルス近郊カーソン市のホームデポ・センターで16日夜(日本時間17日)挙行されたWBO世界ウェルター級タイトルマッチは、王者ティモシー・ブラッドリー(米)が挑戦者ルスラン・プロボドニコフ(ロシア)に12回僅差の3-0判定勝利を収め、初防衛を果たした。

 初回終了間際、プロボドニコフの右でダメージを受けたブラッドリーは続く2回にもロープを背負いピンチ。しかし3回から立て直し、ポイントを連取。挑戦者は左目を負傷、王者のコンビネーションブローにさらされる。それでも時折ビッグパンチをヒットしてブラッドリーをグラつかせ、スリル満点。安全圏に入ったと思われたブラッドリーだが、最終回、プロボドニコフの捨て身の反撃で膝をつきカウントが入る。続行に応じたところで終了ゴングが鳴った。

 公式スコアは114-113が2者に115-112でスコアでブラッドリーが支持された。

 セミの無敗ウェルター級ランカー同士の一戦は、ジェシー・バルガス(米)がワーレ・オモトソ(ナイジェリア=豪州)に3-0(96-93が2者に97-92)判定勝ち。WBC米大陸王座を獲得した。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了