May
18
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

20°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 大阪ダブル世界戦予備検診、井岡一翔&高山勝成

大阪ダブル世界戦予備検診、井岡一翔&高山勝成

2015年12月29日 23時27分

 エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で大みそかに開催されるダブル世界戦の予備検診が29日、大阪市大正区の多根総合病院で行われた。2度目の防衛に臨むWBA世界フライ級チャンピオン、井岡一翔(26=井岡)、挑戦者の同級2位フアン・カルロス・レベコ(32=アルゼンチン)、3度目の防衛を目指すIBFミニマム級王者、高山勝成(32=仲里)、挑戦者の同級8位ホセ・アルグメド(26)の4選手はそろって体調は万全と診断された。

検診を受ける井岡と興味のなさそうなレベコ

 検診を終えた井岡は「体調はいい。厳しい試合になるだろうが、明白にレベルの差を発揮してKOしたい。ゴングが鳴るのが楽しみです」と3階級王者の貫禄たっぷり。レベコは「再戦に備えて、3ヶ月間しっかり練習してきた。きつい試合になりそうだが、12ラウンド戦う準備はできている」とベルト奪回へ意欲をみせた。

自慢の腹筋を誇示するアルグメドと王者の高山

 高山は「いつもながらコンディションは整えている。ベストの仕上がりなので、殴り合いをしっかりやりたい。スリリングでみなさんが楽しめるファイトをします」と余裕にあふれた発言。世界初挑戦のアルグメドは「神様のおかげで、コンディションはいいし、体重も問題ない。いつチャンスが来るかわからないが、KOで決めたい」と強気。高山と並んでの撮影では上着をずり上げて、自慢の腹筋を高山に誇示していた。主な検診結果は以下の通り。

    井岡   レベコ
身長  165.0cm 156.8cm
首周り 33.6cm  36.0cm
胸囲  87.0cm  87.0cm
リーチ 168.2cm 160.5cm


    高山   アルグメド
身長  157.6cm 159.6cm
首周り 33.0cm  36.0cm
胸囲  85.5cm  81.2cm
リーチ 158.7cm 163.4cm

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了