April
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 三浦隆司vsバルガス、USAトゥデーも年間最高試合

三浦隆司vsバルガス、USAトゥデーも年間最高試合

2015年12月30日 10時53分

 米国のUSAトゥデー紙電子版は、2015年の年間最高試合に11月21日ラスベガスで行われたWBC世界S・フェザー級タイトルマッチ、チャンピオン三浦隆司(帝拳)vsフランシスコ・バルガス(メキシコ)を選出したと伝えた。試合はダウン応酬の激闘の末、三浦が9回TKO負けした。

 サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)とミゲール・コット(プエルトリコ)のスター対決のセミで行われた三浦vsバルガス戦は、米スポーツ専門紙スポーツイラストレイテッドも年間最高試合に選んでいる。またBWAA(全米ボクシング記者協会)が選ぶ年間最高試合にもノミネートされている。

 同紙は年間最高試合の次点として、クリストフ・グロワスキ(ポーランド)が大方の予想を覆して王者マルコ・フック(ドイツ)に逆転KO勝ちしたWBOクルーザー級戦、ルーカス・マティセー(亜)がルスラン・プロボドニコフ(ロシア)に競り勝ったS・ライト級戦、ノニト・ドネア(比)がセサール・フアレス(メキシコ)を下したWBO・S・バンタム級王座決定戦を挙げた。また、タイソン・フューリー(英)がウラジミール・クリチコ(ウクライナ)を下した統一ヘビー級戦をアップセット賞に選んだ。

Related article
関連記事