日本語

Home > ニュース > 高砂ジムを無期限活動停止に 西日本ボクシング協会が処分
ニュース

2021年3月11日 木曜日

高砂ジムを無期限活動停止に 西日本ボクシング協会が処分

 西日本ボクシング協会(山下正人会長)は11日、大阪市内で臨時役員会を開き、高砂ジムの活動を無期限停止とする処分を決めた。同ジムにはWBO世界女子アトム級王者、岩川美花(37)が所属している。

 高砂ジムの山下忠則会長(55)は今月2日、住居侵入の疑いで兵庫県警高砂署に逮捕された。逮捕容疑は1日午後0時20分ごろ、高砂市内の集合住宅で、岩川と20代女性の2人が同居している部屋に無断侵入した疑い。

 調べに対し、容疑を認めている。同署によると今年1月、岩川らが部屋の掃除中に室内から不審なボイスレコーダーを発見。同署に相談し、防犯カメラを取り付けたところ、今月1日、山下容疑者が忍び込む姿が写っていた。

 西日本協会は山下高砂ジム会長がこれまでにもジムをやめるといった選手を脅し、暴力をふるうなどして複数回逮捕されており、ボクシング業界の信用を損なう所業としてジム活動の無期限停止処分を決めた。

Related

関連記事