May
18
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 世界S・ウェルター級トリプルヘッダー最終会見

世界S・ウェルター級トリプルヘッダー最終会見

2016年5月20日 15時28分

  21日(日本時間22日)ラスベガスのザ・コスモポリタンで挙行されるS・ウェルター級トリプル・タイトルマッチの会見が19日行われ、出場する6選手が抱負を語った。

3年半ぶりに再戦するララ(左)とマルティロスヤン

◇WBA世界S・ウェルター級戦
王者エリスランディ・ララ(キューバ)vs挑戦者バネス・マルティロスヤン(米)
両者は12年11月に対戦。9回負傷ドローに終わった。

ララ「バネスは初戦よりも精彩を欠いている。彼は準備万端だと言うけど、私はやるべきことを実行する。ゲームプランとパンチをミックスさせて戦う。土曜日、私は勝利を得るためすべてを捧げる」
マルティロスヤン「これは“アメリカン・ドリーム”と“悪夢”の対決。君は土曜日の夜、間違いなく悪夢を見る」

◇IBF世界S・ウェルター級戦
王者ジャモール・チャーロ(米)vs挑戦者オースティン・トラウト(米)
双生児チャーロ兄弟の兄が元WBA王者の挑戦を受ける。

チャーロ「トラウトの経験は無力だ。私は自分がライオンであることを証明する。彼はコットに勝ったが、もう名前だけの選手。私は仕事に集中する」
トラウト「この試合を受けたジャモールに感謝したい。彼は多くの選手ができない何かを持っている。でも、もう終わりだ。私はライオンの調教師になる」

誕生日のチャーロ兄弟にはバースデーケーキ

◇WBC世界S・ウェルター級王座決定戦
1位ジャーメル・チャーロ(米)vs2位ジョン・ジャクソン(米)
フロイド・メイウェザーの引退で空位となった王座をチャーロ弟と元王者ジュリアン・ジャクソンの息子が争う。

チャーロ「私はレジェンドの息子と対戦する。ジョン・ジャクソンは彼の父の名前をよみがえらすとは思えない。もし昔の父と戦うことになっても私が勝つだろう」
ジャクソン「私は父と同じようにチャンピオンになってみせる。ジャーメルは試合景気を煽るために必死だけど、私は個人的な感情はない。我々は彼を破り、相応しい場所に移してやる」

 この日はチャーロ兄弟の26歳の誕生日で、バースデーケーキが贈られた。プロモーターはメイウェザー・プロモーションズとTCBプロモーションズ。PBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)シリーズとして行われ、ショータイムが全米へテレビ放送する。Photos/Mayweather Promotions

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了