May
18
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

20°C Clear
Tokyo

Home > Match Information > アリの専属医フレディ・パチェコ氏死去

アリの専属医フレディ・パチェコ氏死去

2017年11月17日 13時18分

 モハメド・アリの専属医を務め、その後テレビ解説者として活躍したフレディ・パチェコ氏が16日、米マイアミの自宅で亡くなった。89歳だった。娘のティナ・ロジー・パチェコさんがフェイスブックで伝えた。

  フロリダ州タンパ近郊出身のパチェコ氏は父が薬局を営んでいたことから医師を目指した。60年代初め、まだカシアス・クレイ時代のアリにマイアミのジムで出会い、チームに加入。アンジェロ・ダンディ・トレーナーともにアリのキャリアをサポートした。

 アリが世界ヘビー級王座を獲得したソニー・リストン戦では計量時、興奮して血圧が上がったアリを沈め、平常なコンディションでリングに上げた逸話がある。

 アリが2度目の王座の10度目の防衛を果たした77年のアーニー・シェーバース戦では試合後アリに引退を勧めたといわれる。その後テレビコメンテーターに転身。CBSやNBCでアリの試合を解説したこともある。以後おもにショータイムで解説を担当。その功績からテレビ放送のアワード、エミー賞を受賞した。

 ニックネームは“ファイト・ドクター”。医師、解説者のほか絵画、本の執筆など多芸で知られた。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了