June
15
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Rain
Tokyo

Home > Match Information > 田中恒成の暫定王座設置、12.2NYコットのアンダー

田中恒成の暫定王座設置、12.2NYコットのアンダー

2017年11月17日 11時34分

 ゴールデンボーイプロモーションズは12月2日、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで行われるミゲール・コット(プエルトリコ)vsサダム・アリ(米)のアンダーカードを発表。田中恒成(畑中)が王者に君臨するWBO世界L・フライ級の暫定王座決定戦を開催すると発表した。

復帰が待たれる田中

 田中は9月の防衛戦でパランポン・CPフレッシュマートに勝利し、2度目の防衛に成功したが、両目を眼窩底骨折。これを受けてWBOが暫定王座の設置を認めた模様だ。暫定王座を争うのは4位のフアン・アレホ(メキシコ)と6位アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)となった。勝者は田中との対戦が義務付けられる。

 アレホは24勝14KO4敗1分の33歳。15年12月、米国スタブハブ・センターで当時のWBO同級王者ドニー・ニエテス(比)にフルラウンド判定負け。アレホはこの試合以来となる米国リング登場となる。

 アコスタは5月に名古屋で田中に挑戦して判定負け。それまでオールKO勝ちだったが、プロ初黒星を喫した。アコスタは田中に敗れて以来の復帰戦が暫定王座戦となった。戦績は16勝16KO1敗。

 イベントのメインは、プエルトリコのスター、WBO世界S・ウェルター級王者コットがアリを迎え撃つ初防衛戦。4階級制覇王者コットがラストファイトを宣言していることで注目されている。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了