July
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 内山が公開練習 強い連打に自信

内山が公開練習 強い連打に自信

2013年5月1日 18時15分

 5月6日の大田区総合体育館で7度目の防衛戦を迎える内山高志(ワタナベ)が1日、都内のジムで公開練習を行い、無敗の挑戦者ハイデル・パーラ(ベネズエラ)との一戦を前に好調なところを見せた。

 
ドラムミットに重いパンチを打ち込む内山

 試合を5日後に控えた内山の表情はは引き締まっていた。対戦相手のパーラについては「映像が少なく、あまり見ていない。実際に試合をして対応する」とあっさりしていたが、自身の成長について問われると「前回の試合よりも厳しいトレーニングを積んできたという自信がある。心拍系、瞬発系により力を入れた」と胸を張った。

 フィジカル強化の成果は「実際に試合をしてみないと分からない」と前置きした上で「相手が効いたときに強いパンチを連続で出すとか、一瞬で強いパンチが出せるようなトレーニングをしてきた」とのこと。左のパンチもパワーアップしていると明かし、派手なノックアウトシーンに期待を持たせた。

 

佐々木トレーナーはパーラについて「デトロイトスタイルで、中南米特有の変則的なリズムを持っている。やりづらさはあるかもしれないが、冷静に試合を進めれば問題ない」と分析。渡辺均会長も「油断はできないが、いまの内山ならガンボア以外は誰でも問題ない」と話していた。

 なお、この日の公開練習はNHKの朝番組「おはよう日本」も取材に訪れ、明日2日午前7時台のスポーツコーナーで内山を取り上げる予定。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了