February
28
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

7°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 京口紘人「日本人ボクサーは強いとアピールする」 
3.13アメリカ・デビュー戦に向けて決意表明

京口紘人「日本人ボクサーは強いとアピールする」 
3.13アメリカ・デビュー戦に向けて決意表明

2021年1月29日 17時03分

 WBA世界L・フライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ=写真)が29日、オンラインで記者会見を開き、3月13日に米テキサス州ダラスのアメリカンエアラインズ・センターで3度目の防衛戦を行うと発表し、試合に向けた決意表明をした。

 イベントは京口が契約したマッチルームボクシング主催で、メインはS・フライ級統一戦、WBC王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)とWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(帝拳=ニカラグア)による軽量級ビッグマッチだ。

 京口は「アメリカで世界タイトルマッチがやりたいという思いは世界チャンピオンになったときからあった。なかなかできないものだと思うので日本人ボクサーは強いというところをアピールしたい」と決意表明した。

 対戦相手はマッチルームボクシングからアクセル・アラゴン・ベガ(メキシコ=14勝8KO3敗1分)と発表されているが、渡辺均会長によると正式な契約は交わしておらず「ほぼ間違いない」というところ。京口(14勝9KO無敗)は「どういった相手でも自分のボクシングができれば勝てると思っているので自分自身を上げるトレーニングに取り組んでいる」と相手は気にしていない。

オンライン会見する京口と渡辺会長=ワタナベジム提供

 京口は昨年11月3日、大阪でタノンサック・シムシー(タイ)と対戦予定だったが、試合前日に自らの新型コロナウイルス感染が判明して試合は中止となった。

 次期防衛戦では「タノンサックを優先する」という覚え書きをタノンサック陣営と交わしたが、これはワタナベジムの主催興行の話。別のプロモーターが主催をする場合はその限りではなく、希望を伝えるのみとのことだ。今回の試合にあたり、タノンサックとマネジメント契約を結ぶグリーンツダジムの本石昌也会長には事前に連絡して承諾を得たという。

 19年10月の久田哲也(ハラダ)戦以来の試合となる京口は年明けからスパーリングを開始し、今後も試合勘を取り戻すためにスパーリング中心で仕上げていく予定だ。京口が練習する時間帯は“専用フロア”にするなど、ジムもコロナ対策に万全を尽くす。

 新型コロナウイルス感染の影響からか、不眠症に悩まされているそうだが、「メンタル的なことが大きいと思うので強い気持ちを持って取り組んでいきたい」とアメリカでの檜舞台に燃える京口。持ち前のダイナミックなボクシングでアメリカのファンの心をつかもうとしている。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了