May
28
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Mist
Tokyo

Home > Match Information > WBCミドル級王者チャーロ兄が暴行で逮捕 カネロ戦実現に暗雲

WBCミドル級王者チャーロ兄が暴行で逮捕 カネロ戦実現に暗雲

2022年2月13日 10時13分

 WBCミドル級王者ジャモール・チャーロ(米=写真)が21日(日本時間22日)居住するテキサス州で警察に逮捕される事件が発生した。米国の複数のメディアが伝えた。

 報道によるとチャーロ(31)は現地時間21日午後1時30分、管轄の保安官に拘留された。逮捕令状が発行されたのは同居する家族に一人にパンチを振るったか羽交い絞めにした容疑。家族の名前は明らかにされていない。チャーロは1万ドル(約115万円)の保釈金で保釈を求めているという。

 チャーロは昨年、テキサス州サンアントニオのバーで支払いをめぐり従業員とトラブルになり、訴訟を起こされていたが、その後取り消され一件落着となった。しかしトラブル続きの印象がぬぐえず、今回の件も予断を許さない。

 昨年6月の防衛戦からリングを離れているチャーロは、S・ミドル級4団体統一王者カネロ・アルバレス(メキシコ)の次回5月の試合の対戦候補の一人。現在、最有力候補はWBA・L・ヘビー級スーパー王者ディミトリ・ビボル(ロシア)といわれるが、一部メディアのファン投票では「カネロと対戦してほしい相手」とトップを占めており、逮捕事件はイメージダウンの印象が濃い。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了