May
18
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > アマ4冠の松本流星がプロ入り「山中慎介さんのように一発で倒せる選手に」

アマ4冠の松本流星がプロ入り「山中慎介さんのように一発で倒せる選手に」

2022年12月18日 9時29分

 アマチュアで4度全国大会に優勝した松本流星(24歳)が帝拳ジムからプロに転向する。すでに先週(9日)B級プロテストを受験し合格している。

プロテストに合格した松本。ミニマム級で戦うつもりだ

 松本は兵庫県高砂市の出身。父親に付いてジムに通い出したのが4歳の頃。中学3年から東京に移り、日出高校、日本大学、三重県スポーツ協会でアマチュアを続けた。国体、全日本選手権など4冠を達成し、アマチュア通算79勝13KO・RSC16敗の戦績を残した。

 もともとプロ志望で、帝拳ジムには長く通っている。昨年の全日本選手権で初優勝し、さる10月の国体も制したのを有終の美に、このタイミングでプロ転向することにした。アマチュアではL・フライ級だったが、ミニマム級でデビューするつもりという。

 タイプはサウスポーのボクサーファイター。生来の右利きだが、ボクシングを始めた際、ジムで父親に鏡越しに教わっていたため左構えになったのだとか。

 「山中慎介さんみたいに一発で倒せるような武器を持ちたい。アマチュアの大きなグローブから8オンス・グローブにかわる怖さもありますが、ワクワク感のほうが大きいです。日本を代表する世界チャンピオンになるのが夢です」。松本はこう語っている。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了