2015年3月8日日曜日

ゾウの世界初挑戦失敗、アムナットが3-0判定勝ち

 中国マカオのベネチアン・リゾート・マカオのコタイ・アリーナで7日行われたIBF世界フライ級タイトルマッチは、王者アムナット・ルエンロエン(タイ)が中国期待の鄒市明(ゾウ・シミン)を3-0判定で下し、3度目の防衛に成功した。五輪2大会連続金メダリストのゾウはプロ7戦目での世界初挑戦に失敗した。スコアは116-111×3。


 トップアマ選手として2013年にプロデビューしたゾウは2回、チャンピオンからダウンを奪うが、アムナットがバランスを崩しただけのようにも見え、大きなダメージは与えられなかった。その後はクリンチの多い展開となり、ゾウはカウンター狙いのアムナットを攻略できず、終了のゴングとなった。持ち前の老かいさを発揮して防衛成功のアムナットは15勝5KOで無敗をキープ。敗れたアマエリート、ゾウの戦績は6勝1KO1敗となった。

 前座はIBF・S・ライト級9位のイク・ヤン(中国)が同6位パトンサック・パトンポートン(タイ)に6回1分47秒TKO勝ち。WBA・S・フライ級11位のレックス・ツォ(香港)はマイケル・エンリケス(フィリピン)に3-0判定勝ちを収めた。S・ウェルター級のグレン・タピア(米)はダニエル・ドーソン(豪)に3回1分42秒TKO勝ち。Photo/SUMIO YAMADA