2019年8月23日金曜日

ナバレッテはエロルデ孫と防衛戦 9.14ラスベガス

 前回の防衛戦(17日)から4週間後の9月14日にリング登場が有力だったWBO世界S・バンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)の対戦相手が同級2位のフアン・ミゲル・エロルデ(フィリピン)に決まった。

精力的にリングに上がるナバレッテ Photo/SUMIO YAMADA

 22日(日本時間23日)イベントを主催するトップランクのカール・モレッティ副社長が通達した。試合はラスベガスのT-モバイル・アリーナで行われる。当日のメインはタイソン・フューリー(英)vsオト・ヴァリン(スウェーデン)のヘビー級12回戦。

 エロルデ(32)はフィリピンのレジェンド、元J・ライト級王者ガブリエル“フラッシュ”エロルデ氏の孫の一人。これまでの戦績は28勝15KO1敗。最新試合は3月25日、マニラで川島翔平(真正)に12回3-0判定勝ちした。

 WBOアジアパシフィックS・バンタム級王座を保持しており、自国以外の試合は昨年マレーシア・クアラルンプールでパッキアオvsマティセー戦の前座に出場して以来2度目となる。

 ナバレッテ(28勝24KO1敗=24)は3度目の防衛戦。毎年恒例のメキシコの独立記念日にちなんだイベントに起用され張り切っている。トップランクとしても目玉カードが欲しかっただけに願ったりかなったりというところだろう。


-->