March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

7°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 中谷潤人 LA合宿で最長14R、計219Rスパー WBO・S・フライ級V戦に向けペースアップ

中谷潤人 LA合宿で最長14R、計219Rスパー WBO・S・フライ級V戦に向けペースアップ

2023年8月31日 14時18分

 米ロサンゼルスで合宿中のWBO・S・フライ級チャンピオン、中谷潤人(M.T)の近況がM.Tジムから届いた。中谷は9月18日、東京・有明アリーナで挑戦者6位のアルヒ・コルテス(メキシコ)と初防衛戦を行う。

ルディ・エルナンデス・トレーナーと技術確認をする中谷

 先月ロサンゼルス入りした中谷はここまでの50日ほどで計219ラウンドのスパーリングをこなした。パートナーはL・フライ級2団体王者の寺地拳四朗(BMB)と熱戦を演じたアンソニー・オラスクアガやフェザー級ホープのジャフェスリー・ラミドら多士済々。中谷は「1回のスパーリングで最長14ラウンドを行ったり、長いラウンドを通じて動ける体を作れている」と手応えを感じている様子だ。

 来月18日の試合に向けてアメリカで仕上げて帰国する予定の中谷は「減量も入ってきて疲労はありますが、残りのロサンゼルス合宿を集中してやり切ります」とのメッセージを日本のファンに送った。写真=M.Tジム提供

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了