March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 中谷ら3選手がランクイン、ロマゴンはフライ級1位

中谷ら3選手がランクイン、ロマゴンはフライ級1位

2014年1月28日 13時14分

ゴンサレス

 WBCの最新ランキングが明らかになり、日本勢では新たに3選手がランク入りした。八重樫東(大橋)がチャンピオンに君臨するフライ級では、WBA世界L・フライ級スーパー王座返上を表明したローマン・ゴンサレス(ニカラグア)がいきなり1位にランクされた。

中谷正義

 フライ級では、WBCランカーの粉川拓也(宮田)を下して日本王者となった村中優(フラッシュ赤羽)が10位に、同じくヨードグン・トーチャルンチャイ(タイ)を下した川口勝太(雅)が15位に入った。

 OPBFライト級王者の加藤善孝(角海老宝石)を下してタイトルホルダーとなった中谷正義(井岡)は初登場14位。加藤は圏外に消え、フェザー級の下田昭文(帝拳)もランクから外れた。

 ライト級は正規王者のエイドリアン・ブローナー(米)の名前が消えて、暫定王者オマール・フィゲロア(米)が正規王者に昇格。ビタリ・クリチコ(ウクライナ)が引退を表明し、ヘビー級王座は空位となった。

 月間最優秀選手はL・ヘビー級のジャン・パスカル(カナダ)。大みそかに2度目の防衛を成功させたS・フェザー級王者三浦隆司(帝拳)が準Vに選ばれた。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了