July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

29°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > S・ライト級2冠王者の永田大士 韓国でWBO-AP王座初防衛成功

S・ライト級2冠王者の永田大士 韓国でWBO-AP王座初防衛成功

2024年6月8日 12時27分

 WBOアジアパシフィックS・ライト級王者の永田大士(三迫=写真)が7日、韓国ソウルの「フェニックスバトル・ソウル」で同級5位キム・ヨンウォク(韓国)に3-0判定勝ち。同王座の初防衛に成功した。永田は最終回にダウンを奪い、スコアは118-109×2、114-113だった。

 永田は22年12月、近藤明広(一力)を下して東洋太平洋王座を獲得。今年2月に井上浩樹(大橋)に競り勝ってWBOアジアパシフィック王座を吸収した。今回、東洋太平洋王座はかけられなかった。34歳の永田は20勝6KO3敗2分。

 昨年11月のフェニックスバトル・ソウルで日本S・ウェルター級ランカーの足名優太(金子)にTKO勝ちしたキムはタイトル獲得ならず。初黒星で6勝5KO1敗。

Related article
関連記事