July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > “タンク”デービス 左強打爆発8回KO勝ち 善戦のマーティン沈めWBAライト級王座堅守

“タンク”デービス 左強打爆発8回KO勝ち 善戦のマーティン沈めWBAライト級王座堅守

2024年6月16日 15時37分

 ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで15日(日本時間16日)行われたWBAライト級タイトルマッチは、王者ジェルボンテ・デービス(米=写真)が挑戦者2位フランク・マーティン(米)に8回1分29秒KO勝ち。14ヵ月ぶりのリングで勇姿を見せつけ、今後のビッグマッチ実現に希望を持たせた。

デービス(左)は徐々に調子を上げた

 サウスポー同士。初回、右ジャブから左につなげるマーティンが好スタートを切る。3回、ペースアップしたデービスにマーティンは右を返し抵抗するが、4回、左強打を決めたデービスが一撃のパワーで優勢に進める。

 5回からデービスが前進を繰り返し、マーティンは右ジャブを返すのが精一杯。6回、左を命中させた王者は7回にも左右コンビネーションでマーティンに守勢を強いる。それでもデービスは右顔面が赤く染まり、挑戦者の健闘を物語る。

 しかしマーティンの善戦はそこまで。8回、ロープへ追い込んだデービスが左アッパーから同フックを痛打するとアゴに食らったマーティンは大の字。起き上がろうとしたがカウントアウトされた。

スペンス(右)とデービス

 昨年4月のライアン・ガルシア戦以来の登場だったデービスは30勝28KO無敗。IBF王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、WBA・S・ライト級王者イサック“ピットブル”クルス(メキシコ)らとの対決が待望される。初黒星のマーティンは18勝12KO1敗。Photos by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事