July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Clear
Tokyo

Home > Match Information > 8.27東洋太平洋王者の中嶋一輝 和氣慎吾と防衛戦 日本王者の奈良井翼は福井貫太とV1戦

8.27東洋太平洋王者の中嶋一輝 和氣慎吾と防衛戦 日本王者の奈良井翼は福井貫太とV1戦

2024年6月17日 15時21分

 大橋ジムが8月27日に後楽園ホールで開催する「フェニックスバトル120」のカードを発表。メインで東洋太平洋S・バンタム級王者の中嶋一輝(大橋)が元東洋太平洋、日本王者の和氣慎吾(FLARE山上)と防衛戦を行う。

中嶋(右)と和氣

 強打が自慢のサウスポー中嶋(15勝12KO2敗1分)は2月、中川麦茶(一力)との王座決定戦を制して東洋太平洋王座を獲得。東洋太平洋バンタム級、WBOアジアパシフィックS・バンタム級に続いて3本目のベルトを腰に巻いた。

 36歳のベテラン、和氣(31勝22KO8敗2分)は22年10月、試合中に肩を負傷して中川に敗れて以降、復帰して3連勝。スピードが自慢の和氣が生き残りをかけて中嶋とのサウスポー対決に挑む。

 セミには日本S・フェザー級王者の奈良井翼(RK蒲田)が登場。同級2位の石田貫太(石田)と防衛戦を行う。奈良井(13勝10KO2敗)は4月、大阪で原優奈(真正)を5回TKOで下して王座を奪取。今回が初防衛戦となる。4連勝中の福井(12勝8KO5敗1分)はタイトル初挑戦だ。 

■フェニックスバトル120(8.27後楽園ホール=Leminoで無料生配信)
◇東洋太平洋S・バンタム級タイトルマッチ12回戦
王者 中嶋一輝×挑戦者 和氣慎吾

◇日本S・フェザー級タイトルマッチ10回戦
王者 奈良井翼×挑戦者 福井貫太

◇S・ウェルター級8回戦
安達陸虎(大橋=日本10位)×小林柾貴(角海老宝石=日本4位)

◇S・バンタム級8回戦
田村亮一(JBスポーツ=日本11位)×杉本太一(勝輝=日本バンタム級6位)

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了