May
18
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > メイウェザーとデラホーヤ氏がNBA球団買収に興味

メイウェザーとデラホーヤ氏がNBA球団買収に興味

2014年5月1日 9時42分

 米プロバスケットボール(NBA)ロサンゼルス・クリッパーズのオーナー、ドナルド・スターリング氏が人種差別発言を行ったとして永久追放処分された件はボクシング界にも波及。といってもこちらは買収にまつわる話題。アスリート長者番付1位のフロイド・メイウェザーがオーナー権獲得に関心を示している。

 今週土曜日行われるマルコス・マイダナ戦に備え29日、会場のMGMグランド入りしたメイウェザーは「クリッパーズの買収にものすごく興味がある」と広言。“マネー”チームでもあるアル・ヘイモン代理人、レオナード・エリーベCEO、GBPの最高経営責任者リチャード・シェファー氏とも協議しながら交渉したいと明かす。

 一方、地元ロサンゼルス育ちのGBP社長オスカー・デラホーヤ氏も「オーナーシップの一部を手に入れたい」と広報を通じて通達。これまでもMLS(米国プロサッカーリーグ)のオーナーとして実績があるだけに単なる話題集めの発言ではなさそうだ。

Related article
関連記事