2014年7月4日金曜日

亀田和がラスベガスで最終調整

 今月12日(日本時間13日)カネロ・アルバレスvsエリスランディ・ララ戦をメインイベントとする興行で防衛戦を行うWBO世界バンタム級チャンピオン亀田和毅が試合地ラスベガス入り。元王者で挑戦者のプンルアン・ソーシンユー(タイ)との決戦に備え最終調整に入っている。

 和毅は米フロリダで7週間のキャンプを敢行し、その後6月初旬メキシコシティへ移動。同地のパンチョ・ロサレス・ジムで旧知のルーベン・リラ・トレーナー、キューバ人コーチのもとで鍛えていた。ラスベガスには先月末に到着。市内のIBAジムでトレーニング。大学のトラックを使いフィジカル強化を図る毎日だ。

 当初、今回のプンルアン戦は全米へ放送される。メキシコで実力を磨き、知名度を浸透させた“エル・メヒカニート”亀田がアメリカで名を売るチャンスをつかんだ。Photo/BoxingScene.com