April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > スリヤン公開練習、打倒山中慎介に虎視眈々

スリヤン公開練習、打倒山中慎介に虎視眈々

2014年10月17日 16時00分

 22日東京・代々木第二体育館の「ワールドプレミアムボクシング20 The REAL」で、WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(帝拳)に挑戦する指名挑戦者のスリヤン・ソールンビサイ(タイ)が17日、東京・神楽坂の帝拳ジムで練習を公開した。弟のWBCフライ級1位ナワポーン・ソールンビサイも来日した。

スリヤンが公開練習(ボクシングニュース)
ミット打ちを披露したスリヤン

 スリヤンが日本で試合をするのは、佐藤洋太にWBC世界S・フライ級タイトルを奪われた12年3月以来のこと。王座陥落以後、2年半で17試合というハイペースで試合をこなした元世界王者は「今回は自信を持って日本に来た。山中の左さえもらわなければ勝つ自信はある」と2階級制覇に自信を見せた。

 これまで國重隆、名城信男、佐藤と3人の日本人と対戦し、2勝1敗の戦績を残しているスリヤンだが、サウスポーの強打者である山中はこれまでの3人とはまったくタイプが違う。確かに山中の左をもらわなければ勝てるかもしれないが、それは至難の技。それでもスリヤンは「私のほうが山中よりもスピードがある。スピードをいかして左をもわない。山中がKO宣言? 私が先に彼をKOしたい」と強気なところを見せた。

 公開練習は軽くミット打ちを3ラウンドこなしただけで終了。「別に隠したわけじゃない。いつもこんなもの」と笑ったスリヤンだが、記者会見での受け答えも終始慎重で、そうした姿が打倒山中にかける強い決意を表しているようだった。

 試合の模様は22日19時57分から日本テレビ系列で放送される。同局は今回の放送で現行のフルハイビジョンの4倍の解像度を持つ「4Kカメラピンポイントスロー」を導入。スロー再生でポイントとなる部分を鮮明に拡大することができるという。

Related article
関連記事