0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年1月18日日曜日

サンタクルスTKOでV4、イマム激戦制す

 WBC世界ヘビー級戦のセミで行われたWBC世界S・バンタム級タイトルマッチは王者レオ・サンタクルス(メキシコ=米)が挑戦者14位ヘスス・ルイス(メキシコ)に8回29秒TKO勝ち。4度目の防衛に成功した。


 両者とも好戦的な選手だけにスタートからパンチ交換に突入。パンチのボリュームでは負けないルイスだが、的確さとインパクトでは王者に軍配が上がる。懸命に打ち返す挑戦者に中盤からプレスを強めたサンタクルスは7回、ダメージングブローを叩き込んで優勢。8回一気に畳み掛けるとルイスはロープを背に防戦一方に。主審が割って入った。

 同じリングで行われたWBC米大陸S・ライト級王座決定戦はアミール・イマム(米=WBA8位)がフィデル・マルドナドJr(米)に5回2分59秒TKO勝ち。試合はダウン応酬。2回終了間際、イマムが右で痛烈に倒すと3回、サウスポーのマルドナドが左で倒し返す。このラウンド終盤イマムが2度ダウンを奪うスリリングな攻防。5回ロープ際の攻防からイマムの左が炸裂。4度目のダウンを喫したマルドナドは立ち上がったがグラつきストップされた。(三浦勝夫)Photo/SHOWTIME