May
29
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

20°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > カーン、地元で負傷判定勝ち WBA世界S・ライト級戦

カーン、地元で負傷判定勝ち WBA世界S・ライト級戦

2011年4月17日 12時45分

 16日(現地時間)マンチェスターで行われたWBA世界S・ライト級タイトルマッチは、チャンピオンのアミール・カーン(英国)が同級4位・ポール・マクロスキー(英国)に6回負傷判定勝ちを飾り、4度目のタイル防衛に成功した。
 不敗のサウスポー、マクロスキーに対し、カーンはスタートから優勢に進めた。6回に偶然のバッティングでカットしたマクロスキーの左目の傷が深くなり、試合終了。この回までの途中採点は3人のジャッジ全員が60-54、つまり毎回カーンのポイントとしていた。
 カーン(24)はこれでレコードを25勝17KO1敗とした。敗れたマクロスキー(31)は22勝12KOで今回が初黒星。

Related article
関連記事