2015年7月15日水曜日

WBOミドル級リーvsサンダース、スタジアムで開催

 アイルランドのリムリックで9月19日に挙行されるWBO世界ミドル級タイトルマッチの発表会見が14日、試合会場となるソーモンドパーク・スタジアムで開かれ、地元の王者アンディ・リーと挑戦者ビリー・ジョー・サンダース(英)が顔を合わせた。

 リー(34勝24KO2敗1分)は昨年12月に衝撃のKO勝ちでマット・コロボフ(ロシア)を下してタイトルを獲得。4月の前王者ピーター・クイリン(米)戦は、クイリンの体重超過のため無冠戦となり、試合はダウン応酬の末に引き分けた。記者会見したリーは「タイトルを獲得したときから、ここで防衛戦をすることを夢見ていた。これは世界的なイベント。サンダースは無敗のオリンピアンで厳しい試合になると思うが、これこそが本物のファイトだ」とビッグマッチに武者震いした。

 08年の北京五輪に出場したサンダースは翌年プロ入りし、ここまで21勝11KO無敗。欧州王座を獲得するなど順調にキャリアを進めてきた指名挑戦者だ。「私たちにトラッシュトークはいらない。アンディは尊敬すべきチャンピオンだ。きっと素晴らしい試合になるだろう」と初の世界タイトル挑戦を前に、静かに闘志を高めた。

 試合会場となるソーモンドパークは伝統あるラグビースタジアム。この階級で世界を狙う村田諒太(帝拳)は現在WBOの10位につけている。Photo/BoxingScene.com