July
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 新人王菊地、石垣破る 元王者冨山は初回KO

新人王菊地、石垣破る 元王者冨山は初回KO

2010年7月15日 22時03分

 13日夜、後楽園ホールのメイン8回戦には昨年全日本Sライト級新人王の菊地祐輔(新日本仙台)が出場。元日本ランカーの石垣栄(平仲)に3-0判定勝ちした。立ち上がりの菊地はファイター型で迫る石垣の左フックを浅く食う場面もあったが、サウスポー・スタイルから速い左ストレートを飛ばしては動き、しだいにポイント差を広げていった。最終8回には左ストレートでだめ押しのダウンをマークし、スコアは79-74に78-74が2者。新人王戦後2試合目で対戦するにしては相手の石垣は難敵と予想されたが、東北のホープはこれをクリアしてみせた。
 セミでは元OPBF王者の冨山浩之介(ワタナベ)がノーランカーうすい祐介(石川)に初回KO勝ち。狙いすました右ストレートでまず倒すと、さらにダウンを追加して決めた。

Related article
関連記事