June
15
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Rain
Tokyo

Home > Match Information > あくまでモンティエル――長谷川が再起会見

あくまでモンティエル――長谷川が再起会見

2010年5月21日 17時19分

 あくまで打倒モンティエル―。先月30日の11度目の防衛戦に4回TKO負けし、WBC世界バンタム級王座から陥落した長谷川穂積(29=真正)が20日、神戸市内の所属ジムで再起会見。「取られたベルトを取り返す。まずそれを第一に考えている」とあらためて決意表明し、WBOとの2冠王フェルナンド・モンティエル(メキシコ)との再戦を強く希望した。
 試合中に折れた右下顎(かがく)骨はすでに神戸市内の病院で手術し、無事成功。あごを固定するため、2枚のプレートを埋めた。14日には退院しており、回復の経過は順調という。医師からは「いつトレーニングを再開してもいい」と許可を得ているが、山下会長から静養指令が出ており、練習再開は6月中旬以降になりそうだ。
 愛弟子とリベンジを目指す山下会長は再戦プランについて「ノンタイトルを挟むことなく、ダイレクトでやりたい」と次戦を世界挑戦にしたい考え。長谷川も「ノンタイトルに意味はない」と同調した。敗れた試合の映像は「今は1回も見ていない」と前王者。「負けても『感動した』という言葉をいっぱいもらった。(試合の)レベルが高くて楽しかったという声ももらった。やってよかったと思うし、次は勝者になって、そういう声を聞きたい」と気持ちは前向きだ。
 悩みの種だった減量苦から解放されるため、将来的な階級アップも視野に入れるが、現時点で頭にある選択肢は、モンティエルとの再戦だけのよう。山下会長は「スーパーバンタムやフェザーに上げるとしても、リベンジを果たしてから、次のステージに行きたい」との青写真を描いた。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了