July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

32°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 荒川戴冠 日本ライト級戦

荒川戴冠 日本ライト級戦

2010年4月23日 18時42分

 22日後楽園ホールで行われた日本ライト級タイトルマッチは、1位挑戦者の荒川仁人(八王子中屋)がチャンピオン近藤明広(日東)に2-0判定勝ちし、王座を奪取した。近藤は2度目の防衛に失敗。
 出だしは近藤がリード。初回2分、左で踏み込んだあとの右を直撃し、サウスポー荒川をダウンさせる。しかし荒川はこの後冷静に立て直し、細かいパンチで王者を迎撃。「ダウンを取って力んでしまった」という近藤もラウンドによって脚を使ったり、接近戦を仕掛けたりして、試合は一進一退のペースとなった。それでも荒川は最後まで冷静に粘り強く戦い、採点は96-94が2者に95-95の小差で新チャンピオン誕生を告げた。
 荒川(28歳)はスイコの東洋太平洋タイトル挑戦以来のチャンスを実らせた。八王子中屋ジムは今カーニバルでS・ウェルター級チャーリー太田に続く2人目の王者を誕生させた。
Related article
関連記事