March
05
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

8°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > クリチコがフューリーと再戦決意、来春ロンドン開催か

クリチコがフューリーと再戦決意、来春ロンドン開催か

2015年12月3日 12時11分

 先週土曜日にタイソン・フューリー(英)にまさかの敗戦を喫した前世界ヘビー級3団体統一王者のウラジミール・クリチコ(ウクライナ=写真)が2日、即時に再戦する権利を行使すると発表した。

 ESPNによると、敗戦からわずか4日で決断を下したクリチコは「試合後はとても失望したが、土曜日の試合よりもっといいパフォーマンスを見せたいと思うようになった。再戦では私が変化したところを見せたい」とコメント。試合では39歳という年齢からくる衰えが目立ったが、もう一度その実力を証明する意気込みだ。

 フューリーのプロモーター、ミック・ヘネシーは「クリチコとの再戦以上に大きな試合はない。ワイルダーまだそこまでビッグじゃない。グラズコフ(IBFの指名挑戦者)? 彼は無名だ。我々はウラジミールが再戦をしないのではないかと心配していたが、早々に決断してくれて良かった」と話している。

 フューリー側は、来年の4月か遅くとも6月までに英国でリマッチを開催したい意向。試合会場には、8万人を収容できるロンドンのウェンブリー・スタジアムが候補に挙がっている。

 また、HBOで全米に放映されたクリチコvsフューリーの視聴件数が平均で103万8000件だったことも明らかになった。プライムタイムで再放送された分も含めると171万4000件で、これは悪くない数字だという。ちなみに先月、PPVで生放送されたWBC世界ミドル級戦、ミゲール・コットvsサウル“カネロ”アルバレスの再放送は平均90万1000件、三浦隆司とフランシスコ・バルガスが激戦を演じたWBC世界S・フェザー級タイトルマッチは平均77万2000件だった。

Related article
関連記事