February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > ルイスが公開練習、カウンターで長谷川穂積を迎撃

ルイスが公開練習、カウンターで長谷川穂積を迎撃

2016年9月9日 16時46分

 エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)第1競技場で16日挙行されるWBC世界S・バンタム級タイトルマッチで長谷川穂積(真正)の挑戦を受ける同級チャンピオン、ウーゴ・ルイス(メキシコ)が都内の帝拳ジムで軽く動き、メディアのインタビューに答えた。

バンタム級時代によりもパワーアップしたというルイス

 昨夜来日したルイスだが、見る限りコンディションは良さそう。もともとバンタム級で戦っていた選手で「S・バンタム級に上げて、さらにパワーアップした」と自信をのぞかせた。メキシコではロスモチスを離れ、高地でトレーニングを積んできたという。減量はリミットまで残り4~5ポンドとのこと。

 長谷川にはリスペクトの念を抱いているようで「今回は私が試される試合だと思います」と、元2階級チャンピオンの実績に敬意 を表した。そして「カウンターパンチが得意なのでクレバーに戦います。スペクタクルな見せ場をつくります。ファンには後味のいい試合を見て帰ってもらいます」と、これはKO宣言か。ルイスは4年近く前に来日し、亀田興毅に1-2で僅差負けを経験している。それゆえ今回は明白な内容を心掛けている。

 この日メディアの前で行った練習はシャドー、ミット打ち、バッグ打ちをそれぞれ1ラウンドのみ。汗もほとんどかかない程度のものながら、振りのスムーズな左フック、右ストレートは秘めた威力を感じさせた。ルイスが階級を上げてスピードとパワーが増したのは間違いないようだ。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了