日本語

Home > ニュース > ガンボアに代わりニヤンバヤルが挑戦 WBA・S・フェザー級暫定王座
ニュース

2021年6月23日 水曜日

ガンボアに代わりニヤンバヤルが挑戦 WBA・S・フェザー級暫定王座

 WBA・S・フェザー級暫定王者クリス・コルバート(米)の挑戦者がユリオルキス・ガンボア(キューバ)からツグスソグ・ニヤンバヤル(モンゴル)に変更された。試合は7月3日、ロサンゼルス近郊カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツパークで開催される。22日、全米に中継するショータイムが通達した。

 ガンボア(39)はラスベガスでトレーニング中にわき腹を負傷したと伝えられる。ロンドン五輪銀メダリストのニヤンバヤル(28)は米国に在住しキャリアを進める。20年2月、WBCフェザー級王者ゲーリー・ラッセルJr(米)に挑戦し3-0判定負け。7ヵ月後、コビア・ブリーディ(バルバドス)とWBCフェザー級挑戦者決定戦を行い判定勝ち。ラッセルとの再戦のチャンスを狙っていたが1階級上の王座を目指すことなった。

 ニューヨーク出身のコルバート(24)は20年1月、日本でもお馴染みの元WBA・S・フェザー級スーパー王者ジェスレル・コラレス(パナマ)に判定勝ちで暫定王座に就いた。同年12月、同じパナマのハイメ・アルボレタに11回TKO勝ちでV1に成功している。WBA・S・フェザー級はスーパー王者にジェルボンテ・デービス(米)、レギュラー王者にロジャー・グティエレス(ベネズエラ)が君臨している。

Related

関連記事