February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

9°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > あす米英でフェザー級タイトル戦 4選手計量クリア

あす米英でフェザー級タイトル戦 4選手計量クリア

2018年5月19日 9時27分

 現地時間あす19日アメリカとイギリスで挙行される世界フェザー級タイトルマッチの計量が18日行われた。米メリーランド州オックスヒルのMGMナショナル・ハーバーでゴングが鳴るWBC戦は、王者ゲーリー・ラッセルJr(米)が125ポンド1/2(56.93キロ)、挑戦者1位ジョセフ・ディアスJr(米)がリミットの126ポンド(57.15キロ)で無事合格した。

V5戦のラッセル(左)と挑戦者ディアス

 V3戦となるラッセル(29)は「フェザー級のベストは私だ。ファミリー、フレンドたちの応援がエネルギーを与えてくれる」と地元での防衛を誓った。

 対する世界初挑戦のディアス(25)は「ラッセルのスピードをリスペクトするけどスピードがすべてではない。フィジカルでもメンタルでも彼をへとへとにさせて勝つ」とベルト奪取に自信をみせた。

 前日の賭け率は3-1でラッセル有利となっている。Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 一方、英国リーズのエランドロード・フットボール・スタジアムで行われるIBF戦は、V5戦となる王者リー・セルビー(31)が125ポンド3/4(57.04キロ)、挑戦者1位ジョシュ・ウォーリントン(英)が125ポンド(56.70キロ)でクリアした。地元のウォーリントンがハカリに乗ると歓声、ウェールズ出身のセルビーにはブーイングが起きた。

 この2つの指名試合の勝者が統一戦で対戦するプランも出ている。

Related article
関連記事