February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

10°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 村田諒太、井上尚弥、岩佐亮祐 3王者キャンプイン

村田諒太、井上尚弥、岩佐亮祐 3王者キャンプイン

2018年6月25日 20時09分

 日本の誇る3人の世界チャンピオン、WBAミドル級の村田諒太(帝拳)、WBAバンタム級の井上尚弥(大橋)、IBF・S・バンタム級の岩佐亮佑(セレス)がそれぞれキャンプ入り。次戦に向けて動き出した。

左から次期防衛戦が注目される岩佐、井上、村田

 3選手ともに走り込みなどフィジカル強化を目的としている。村田は沖縄で7月2日まで。まだ2度目の防衛戦は発表されていないが、秋にアメリカというのが既定路線だ。ビッグマッチに向け、中村正彦トレーナーの指導のもと、土台づくりを行う。

 先月3階級制覇を達成したばかりの井上は恒例の熱海で28日までのミニキャンプ。秋に開幕予定のトーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)出場に向け、WBCバンタム級挑戦者決定戦出場が決まった弟の拓真、従弟の日本S・ライト級1位、井上浩樹とトレーニングに励む。

 奄美大島で走り込む岩佐は8月16日、後楽園ホールで指名挑戦者のTJ・ドヘニー(アイルランド)を迎える。キャンプには同門のルーキー、南出仁も参加。1日までの合宿を終えたあとは、フィリピン人パートナーを招いてスパーリングに入る予定だ。

Related article
関連記事