2013年9月3日火曜日

渡部、移籍第1戦は判定勝利

 前OPBFウェルター級チャンピオンの渡部あきのり(野口)が3日、サンメッセ香川で行われた亀田大毅-ロドリゴ・ゲレーロ戦のセミに登場。ジェイミー・イグナシオ(比)に8回3-0判定勝ちし、移籍初戦を飾った。

移籍第1戦を飾った渡部(右)

 渡部は7月に協栄ジムから野口ジムに移籍。OPBFタイトルも返上し、心機一転してこの日のリングに立った。試合は小柄なイグナシオにパワーでプレッシャーをかけ続けたが、相手を攻めあぐねる場面も多く、判定勝ちにとどまった。スコアは80-72、80-73、79-73。

 控室で渡部は「デビュー戦の気持ちで戦った。倒せなかったけれど、再起したことにとりあえず満足しています」と安どの表情をみせた。タイトルを返上し、現在は日本2位の肩書だが「狙うのはあくまで世界」と強気のコメント。