March
01
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

5°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 【動画あり】IBF4位の尾川堅一あす“世界前哨戦”

【動画あり】IBF4位の尾川堅一あす“世界前哨戦”

2019年7月5日 15時20分

 あす6日後楽園ホールでゴングとなる「第586回ダイナミックグローブ」の計量が5日、日本ボクシングコミッションで行われ、メインのS・フェザー級10回戦に出場するIBF同級4位の尾川堅一(帝拳)は58.7キロ、フィリピン・フェザー級12位のグレン・メデュラ(比)は57.4キロであすの試合に進んだ。

強打爆発に期待の尾川(左)と対戦相手メデュラ

 尾川は当初、IBF5位のアジンガ・フジレ(南アフリカ)とのIBF同級挑戦者決定戦が決まっていたものの、フジレのビザ取得が間に合わず、この試合は9月7日に仕切り直しとなる予定。今回はノンタイトル戦となるが、「7月に試合ができて感謝している。9月に向けて弾みをつけたい」とモチベーションは高い。

 2017年12月、一度は世界タイトルを獲得したものの、ドーピング検査でまさかの陽性反応が出て、18年は王座はく奪、サスペンド処分と苦しい1年を送った。

 今年1月に涙の復帰戦勝利を飾り、いまは「世界のベルトを獲ることがすべて。強い相手と試合をするとか、お金とかも重要ですけど、まずは世界を獲ること」と一直線でベルトを見据えている。

 今回の対戦相手メデュラは10勝6KO5敗1分。尾川(23勝17KO1敗1無効試合)からみれば格下の相手だが、本人は「テーマは勝つこと」と油断なし。とはいえ「右ストレート、左フックをたたきつければ自然と倒れる。勝つイコールKOだと思っています」と頼もしかった。

 セミは日本S・フェザー級2位の正木脩也(帝拳)がアル・トヨゴン(比)と同級10回戦。日本ウェルター級5位の長濱陸(角海老宝石)と日本同級11位の玉山将也(帝拳)によるランカー対決も組まれている。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了