June
20
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 双子のモロニー弟が暫定王者に WBA・S・フライ級

双子のモロニー弟が暫定王者に WBA・S・フライ級

2019年11月16日 14時00分

 15日、豪州メルボルンで行われたWBA・S・フライ級暫定王座決定戦は地元のWBA1位アンドリュー・モロニー(豪州)が同5位エルトン・ダリ―(ガイアナ)に9回開始TKO勝ち。このクラスのWBA“レギュラー”王者はカリド・ヤファイ(英)が君臨する。

 試合は打撃戦が繰り広げられ、モロニーが断続的に追い込みダリ―にホールディングを強いる。右目を負傷したダリ―は6、7、8回開始前にドクターチェックを受け、9回開始時にストップされた。モロニーは21勝14KO無敗。ダリ―は24勝14KO6敗1分。

 同じリングで、アンドリューの双生児の兄ジェーソン・モロニー(豪州)がディクソン・フローレス(ニカラグア)を2回ボディー打ちで仕留め1分26秒KO勝ち。WBAオセアニア・バンタム級王座を防衛した。

 WBA同級3位のモロニーはWBSSバンタム級初戦でエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に惜敗後、3連勝で20勝16KO1敗。敗れたWBA9位フローレスは16勝5KO7敗3分。

■S・フライ級世界王者
WBA カリド・ヤファイ(英)
WBC フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
IBF ジェルウィン・アンカハス(比)
WBO 井岡一翔(Reason大貴)

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了