April
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > あす英国でS・ライト級2冠戦 テイラーvs.アピヌン 
ドイツではWBSSクルーザー級決勝

あす英国でS・ライト級2冠戦 テイラーvs.アピヌン 
ドイツではWBSSクルーザー級決勝

2020年9月26日 11時32分

 ヨーロッパで明日26日(日本時間27日)挙行される世界タイトルマッチの計量が25日行われた。そのうちロンドンで行われるS・ライト級のWBAスーパー・IBF統一王者ジョシュ・テイラー(英)vs.挑戦者IBF1位アピヌン・コーンソーン(タイ)はテイラーが139ポンド1/4(63.16キロ)、アピヌンが139ポンド1/2(63.28キロ)をマークしリミットの140ポンドを合格した。

4冠統一を目指す王者テイラー(左)と挑戦者アピヌン

 昨年ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で優勝したテイラー(16勝12KO無敗)は同時に2冠を獲得。他の2冠(WBC&WBO)を保持するホセ・ラミレス(米)との全ベルト統一戦を見据えている。アピヌン(16勝13KO無敗)は敵地で厳しい試合が予測されるが、日本で近藤明広(一力)を破った挑戦者決定戦に続くアップセットを目指す。

 セミで前WBCフライ級王者チャーリー・エドワーズ(英)がカイル・ウィリアムス(英)とバンタム級10回戦。イベントは伝説の会場ヨーク・ホールで開催される。Photo: Queensberry Promotions

 一方ドイツのミュンヘンではWBSSクルーザー級シーズン2の決勝兼IBFタイトルマッチが行われる。IBF王者ユニエル・ドルティコス(キューバ)が199ポンド(90.26キロ)、元WBC王者マイリス・ブリーディス(ラトビア)は198ポンド(89.81キロ)を計測しリミットの200ポンドをクリア。トーナメント準決勝から1年3ヵ月ぶりのファイナル。パワーではドルティコスに軍配が上がるが、地の利はブリーディスに味方する。

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了