0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2013年11月15日金曜日

11.15後楽園ホール

飛天かずひこ

齋藤に左を決める飛天(左)

◇S・ウェルター級8回戦
飛天かずひこ(野口)[7回2分35秒TKO]齋藤志朗(ワタナベ)
 7月に痛い黒星を喫した飛天の再起戦。背が低くガードを固める齋藤を攻めあぐねていた飛天は4回に左を打ち下ろしてダウンを演出。これで勝負あったかに思われたが、5回に齋藤の右フックで飛天がロープにもつれるとこれがダウンの判定。しかし飛天にダメージはなかった。ここからは時折齋藤の攻撃を被弾しながらも、ジャブとシャープな左で齋藤を痛めつけ、7回に左でダウンを奪って試合を終わらせた。

◇ウェルター級8回戦
島村国伸(ワタナベ)[3回1分47秒KO]エーククリーンクライ・モークルンテープトンブリー(タイ)
 7月に比人に敗れた日本S・ライト級8位島村が登場。初回から大振りの目立ったが、3回に左フックから左ボディブローを決めてタイ人にテンカウントを聞かせた。

さくら淳(ボクシングニュース)

さくら(右)は無傷の9連勝をマーク

◇S・フェザー級8回戦
さくら淳(横浜さくら)[3回1分7秒TKO]コソル・ソーウォラピン(タイ)
 フィリピン出身の19歳さくらはスピードとパワーを兼ね備えたサウスポーだ。初回に右フックでダウンを奪うと、2回には左カウンター、左右のアッパーなどの連打でタフなコソルを追い込んだ。最後はボディブローから連打でストップした。コソルもなかなか強いと思わせる選手だった。

◇54kg8回戦
若松竜太(勝又)[4回1分18秒TKO]中村量(野口)
 試合は序盤から白熱。2回に若松がチャンスを作れば3回は中村が優勢。4回に若松が左フックを効かせ、中村をロープに押し込んでラッシュしたところでストップとなった。