May
20
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 5月11日までの6興行が延期 緊急事態宣言下の東京・大阪・兵庫

5月11日までの6興行が延期 緊急事態宣言下の東京・大阪・兵庫

2021年4月26日 16時23分

 日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は26日、新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、東京都や大阪府など4都府県に緊急事態宣言が発令されたことを受けて対策を協議した。

 協議会に入った報告によると、東京都、大阪府、兵庫県で緊急事態宣言の設定期間に予定されていた6興行はすべて延期が決まった。5月6日に後楽園ホールで予定されていたプロテストは同月29日にスライドする。なお、5月9日に愛知県刈谷市で予定されている興行は宣言の対象地域に入っていないため予定通り開催される。

 今後、5月11日までとされた宣言期間が延長された場合は、要請内容に従って無観客試合か延期を推奨していく。ジム営業に関しては「行政の指針が協力依頼にとどまっているので、協会としては人の流れを止めるという意味で適切に判断してほしいと各ジムに通達する。プロ選手が練習をする場合は感染対策を徹底する」とした。延期される興行と新たなスケジュールは以下の通り。

■延期となる興行
4月27日 後楽園ホール「A-SIGN.Bee28」 → 6月11日
4月29日 神戸芸術センター「SENNRIMA SUPERFIGHT Vol.62」 → 5月30日
5月1日 後楽園ホール「ダイナミックグローブ」 → 5月19日
5月5日 エディオンアリーナ大阪第2競技場「亀田和毅復帰戦」 → 延期日程未定
5月6日 後楽園ホール「ダイナミックグローブ」 → 5月20日
5月9日 立川立飛アリーナ「第3回GENKOTSU立川立飛大会」 → 6月6日

 また、WBO・S・フライ級チャンピオンの井岡一翔(Ambition)が昨年大みそかの試合後、ドーピング検査で禁止薬物が検出されたとの週刊誌報道について、JBCは「事実関係を確認していないのでコメントできない」と回答。新田渉世JPBA事務局長は「JBC的に対して状況説明をするよう、文書で要請することを検討している」と事実関係の報告をJBCから待つ姿勢だ。

Related article
関連記事