日本語

Home > ニュース > 若手ホープ対決白熱 中垣龍汰朗と花田歩夢がドロー 日本ユースS・フライ級戦
ニュース

2021年7月8日 木曜日

若手ホープ対決白熱 中垣龍汰朗と花田歩夢がドロー 日本ユースS・フライ級戦

 日本ユースS・フライ級王座決定8回戦が8日、後楽園ホール「第78回フェニックスバトル」のメインで行われ、プロ3戦目でアマ8冠の中垣龍汰朗(大橋)とメキシコでプロデビューした花田歩夢(神拳阪神)がともに譲らず、結果はドローに終わった。スコアは78-74で中垣、残る2人が76-76だった。

中垣(右)と花田は初回から激しく駆け引きした

 ホープ対決。探り合いの初回を終え、サウスポーの中垣が2回にジャブ、左ストレートを打ち込んでペースを引き寄せにかかる。しかし3回、立ち上がりでグッと距離を詰めた花田の右ストレートがクリーンヒットするが、深追いはせず、またロングレンジでの駆け引きとなる。ともにスピードがあり、ジャブが鋭く、反応も速く、手数は少ないものの見応えのあるファイトとなった。

 中盤も互いに譲らず、拮抗した状態が続いた。6回、花田が仕掛けて右をヒットすると中垣も負けじと左を当てて譲らない。7回、花田は再び攻めて左ボディを決めると、中垣の動きが完全に止まった。試合の流れは一気に花田に傾いた。

 しかし、ピンチに陥った中垣は最終回に奮起。よく攻めて花田を後手に回らせる。花田は流れを一度は引き寄せたが、最後は疲れたのか攻めきれずにドロー決着となった。昨夏B級デビューした中垣は2勝2KO1分。花田は6勝4KO1分。両拳を以前から痛めており、試合後に手術をすると明かした。

ドロー裁定をより悔しがったのは中垣だった

中垣「悔しい、ただそれだけですね。自分では(ポイントを)取れているつもりでも、取れていなかったのは課題。こういう悔しさをアマチュアのころからしてきた。もっと強くなります」
花田「自分の出せることはやりきった。悔しいけど悔いはない。7回のチャンス? (逆転KOされるとか)悪い想定をしてしまった。8回が始まる前に次取ったら勝ちだと言われたけど、そこは力不足でした」

強打を爆発させた溜田

◇S・フェザー級8回戦
溜田剛士(大橋)[TKO2回1運46秒]それいけ太一(湘南山神)
 日本フェザー級10位の溜田が初回、下がって様子を見る太一を追い詰め、太一がコーナーから逃れようとしたところに右を追撃すると、これが当たってダウンとなった。2回、太一は立て直そうとしたが、溜田の右カウンターでキャンバスにバッタリ。即ストップとなった。昨年11月、WBOアジアパシフィック・フェザー級王者の森武蔵に挑戦して敗れて以来の試合だった溜田は22勝20KO6敗2分。太一は3連敗で7勝5KO5敗。

◇ウェルター級8回戦
小畑武尊(ダッシュ東保)[3-0(77-75×2、78-74)]近藤哲哉(横田スポーツ)
 日本ユース・ウェルター級王者で日本4位のサウスポー小畑が登場。小畑が初回からジャブ、左ストレート、左ボディで近藤にプレッシャーをかけていくが、近藤は2回に左フックを当てて攻勢に出た。3回からは小畑がボディ打ちを中心にプレスをかけ、近藤の右と左フックも断続的にヒットするという展開に。近藤はヒットしたパンチの見栄えはよかったものの、手数を出してコツコツ攻めた小畑に軍配が上がった。小畑は10勝4KO5敗1分。近藤は6勝4KO3敗。

◇48.0キロ6回戦
森且貴(大橋)[TKO6回2分7秒]小島蓮(江見)
 19年の森と20年の小島による全日本ミニマム級新人王対決。スタートから両者ともに激しくフェイントかけ合いながらパンチを繰り出す技術戦。小島が2回、コンビネーションで森に迫ったが、森も左フック、ボディ打ちで反撃。前に出てやや優勢の森は4回、終了間際に左フックで小島にダメージを与えてチャンスを作った。

 森は5回、右ストレート、アッパー、ボディ打ちを決めて小島にダメージを与えていく。最終回、森がボディを効かせて畳みかけると小島のコーナーが棄権を申し出た。日本同級6位の森はデビューから9連勝(2KO)。小島は6勝2敗2分。

◇フライ級4回戦(東日本新人王予選)
厚地嶺(大橋)[TKO4回2分28秒]梶谷有樹(八王子中屋)

◇バンタム級4回戦(東日本新人王予選)
酒田風吹(大橋)[3-0(40-36×3)]小林英明(DANGAN郡山)

Related

関連記事