0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年1月28日火曜日

石田のヘビー級ランク入りは見送り

石田のヘビー級ランク入りならず(ボクシングニュース)

石田順裕

 ヘビー級転向を目ざしていた元WBA世界S・ウェルター級暫定チャンピオンの石田順裕(グリーンツダ)だが、最新1月度の日本ランキングでヘビー級にランクされることはかなわなかった。

 ヘビー級の実績がない石田は1月11日に後楽園ホールで3ラウンドの「公開査定スパーリング」に臨み、王者藤本京太郎(角海老宝石)への挑戦をアピール。もし石田がランク入りすれば、4月にも藤本と石田の日本ヘビー級タイトルマッチが実現する流れとなっていた。

 しかし28日の日本ランキング会で、石田がいきなり日本タイトルマッチを戦うことは認められなかった。トップボクサーとして技量や実績に申し分のない石田でも、一気に約20キロ重い階級で10回戦のタイトルマッチを戦うことに難色が示された。

 JBCはあらためては石田側に対し、相応の相手と6回戦以上の試合を行い、その内容をもって判断することを通達するという。