0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年3月3日月曜日

小関が記録のV13、WBC女子アトム級

 WBC女子世界アトム級タイトルマッチは王者の小関桃(青木)が同級10位アンゴー・ワンソンチャイジム(タイ)を9回TKOで下して防衛成功。08年8月に戴冠した小関は足かけ7年で防衛テープを13に伸ばした。

小関が記録のV13(ボクシングニュース)

終始攻め続けてV13の小関(右)

 31歳のチャンピオンが17歳のチャレンジャーを寄せ付けなかった。小関は初回からテンポの速い攻撃でアンゴーにプレッシャーをかけた。圧力を受けてアンゴーはバックステップを踏むばかり。小関は左を顔面、ボディと打ち分けて試合を優位に進めた。

 小関は中盤以降も豊富な手数で攻め続け、左ストレートをこれでもかとヒットさせた。アンゴーも右ストレートで応戦を試みるも、徐々にクリンチに逃げるしかなくなりなす術なし。9回にパンチを浴び続けたアンゴーを、福地レフェリーが救った。タイムは1分43秒。小関は15勝4KO1分。アンゴーは5勝3KO1杯。

 男女の違いがあるとはいえ、あの具志堅用高(現白井・具志堅スポーツジム会長)に並ぶV13を打ちたてた小関。記録について問われた小関は「具志堅さんの記録と比べられると、男女の違いがあるので無理がある。ただ自分が13度防衛してきたことは誇りに思う」とあいさつした。現在、女子の防衛世界記録は14度。なお試合の模様はスカイAで16日(日)19時から放送予定。