2014年4月23日水曜日

山中が9回TKOでV6、5連続KO防衛

 23日大阪城ホールで行われたダブル世界タイトルマッチのメインイベント、WBC世界バンタム級タイトルマッチは、王者の山中慎介(帝拳)が挑戦者3位シュテファーヌ・ジャモエ(ベルギー)に9回11秒TKO勝ち。5連続KO勝利で6度目の防衛を成功させた。

 ファイター型のジャモエだが、山中のプレッシャーを感じたのか、初回からあまり前に出られなかった。そして2回、早くも山中の左が火を噴く。挑戦者のガードの間を左ストレートが打ち抜くと、ジャモエがキャンバスに沈んだ。

 山中はここでフィニッシュを急がず勝負は3回以降へ。山中は少し狙いすぎた傾向はみられるが、左ストレートをボディと顔面に打ち分け、闘志だけは衰えないジャモエを追い込んでいった。

 KOを狙う山中は8回、左ストレートをボディに叩き込んでこの試合2度目のダウンを奪う。ラウンド終盤には左ストレートでさらにダウンを加えた。ボロボロにされたジャモエにもはや余力はない。続く9回開始早々、山中が左ストレートをボディに叩き込むと、挑戦者はくの字を描いてキャンバスへ。レフェリーがノーカウントで試合を止めた。

 今回も力を見せつけた山中は「1発に頼りすぎて詰めが甘かった。それでも最後はKOで追われてよかったと思う」とコメント。戦績は21勝16KO2分。敗れたジャモエは25勝15KO5敗。