2014年4月27日日曜日

モズリー・ジュニア34秒KOデビュー

 2世ボクサーのシェーン・モズリーJr(米)がプロデビュー。26日夜(日本時間27日)米カリフォルニア州ポート・ウエメネでトップランク社が催した興行で、マーク・コルドバ(米)に初回わずか34秒KO勝ちで初陣を飾った。

 セコンドに祖父ジャック、父シェーンが陣取ったジュニア。ミドル級4回戦はモズリーが左フックをボディーに見舞うとコルドバは苦痛の表情を浮かべて悶絶。あっけなくテンカウントが数えられた。「いい気持ちだ。いいパフォーマンスを披露しようとリングに上がった」とモズリー(23)はゴキゲン。父も「ナイスなボディーショット。我々はあれを練習していたんだ」とこちらもご満悦だった。

 この日のメインではWBOライト級13位ホセ・セペダ(メキシコ=米)がベテランのロブ・フランケル(米)に判定勝ち。またロバート・ガルシア・ジムのホープ、サウル・ロドリゲス(米)がミゲール・サムディオ(メキシコ)に4回痛烈なKO勝ちで無敗をキープ。Photo/TopRank