2014年4月30日水曜日

藤本が石田に3-0判定勝ち、ヘビー級戦

 30日後楽園ホールのメインイベント、ヘビー級8回戦は、日本ヘビー級王者の藤本京太郎(角海老宝石)が元WBA・S・ウェルター級暫定王者で現日本ミドル級2位の石田順裕(グリーンツダ)に3-0判定勝ち。スコアは77-75×2、77-76だった。

 93.6キロの石田と105.5キロの藤本がぶつかる注目の一戦。石田は初回から脚を使わず、中間距離で藤本に勝負を挑んだ。藤本もパワーを武器にして無理に攻めようとはせず、どちらかといえば静かな立ち上がりだった。 

 先にペースを握ったのは石田だった。2回にタイミングのいいジャブをいくつか決め、3回には右ストレートをヒットさせ、藤本を下がらせて会場を沸かせた。

 藤本は近づいたときにショートの連打を繰り出すものの、石田はウィービングでパンチをかわし、藤本の打ち終わりにジャブをよく決めた。藤本は5回に右ストレートをヒットし、6回はさらにプレッシャーを強めるが、右カウンターを食らうなど、石田のうまさにやられている印象だ。

 藤本は7回にプレスを強めた。石田は疲れてきたように見える。藤本は最終8回さらにプレスを強め、石田と接近戦を展開。両者一歩も引かずにゴングとなった。藤本は9勝5KO1敗。石田は25勝10KO10敗2分。試合の模様は5月9日深夜TBSで放送される予定。