0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年1月6日火曜日

アマチュア優秀選手賞は川内将嗣、和田まどか

 アマチュアボクシングの年間優秀選手選考会も6日、東京・後楽園飯店で開かれ、東西記者の投票の結果、優秀選手賞に男子の川内将嗣(自衛隊体育学校)、女子の和田まどか(芦屋大)が選ばれた。最優秀選手賞は該当者がいなかった。

 川内は10月に韓国・仁川で開かれたアジア大会に出場し、L・ウェルター級で銅メダルを獲得。11月の全日本選手権でも3年ぶりに王座を奪還し、通算7度目の優勝を飾った。川内は07年から09年にかけて3年連続で最優秀選手賞を受賞。優秀選手賞は初となる。

 和田は11月に韓国・済州島で開かれた世界選手権で、L・フライ級の銅メダルに輝いた。日本女子勢の世界選手権メダル獲得は史上初の快挙。和田は12月の全日本女子選手権でも危なげなく優勝を飾った。和田は12年に新鋭賞、13年に努力賞を獲得している。

 表彰式は1月23日の後楽園ホールで、プロと合同で行われる。すべての表彰者は以下の通り。

◇優秀選手賞 川内将嗣(自衛隊体育学校)
       和田まどか(芦屋大)

◇技能賞 成松大介(自衛隊体育学校)
◇殊勲賞 林田翔太(駒澤大)
◇敢闘賞 鈴木康弘(自衛隊体育学校)
◇努力賞 高橋諒(拓殖大)
     田中亮明(駒澤大)
◇新鋭賞 鈴木稔弘(駿台学園高)